不安感

不安感があるとき

不安を感じない人はいないと思います。

わたしも

不安感を感じることがあります。

 

わたしの師匠は

「不安や恐怖があったって、それを小脇に抱えてやりたいことをやればいい」

と、教えてくれました。

 

そうなのか、

この、猛烈な不安感や恐怖心を抱えてもやればいいのか

 

頭ではわかるけど

なかなか、この不安感や恐怖感っていうのは

不快極まりなく、

嫌だな~って思います。

 

嫌だな~って思って

避けようとすると

益々

それが気になって、

もっともっと

不安や恐怖を感じやすくなり、 どんどん、ハマっていく…。

 

まさに

デススパイラル状態

 

こんな状態を続けたいか?

と、自分に問いかけると

 

「否」

 

そりゃそうだ。

 

それで、

わたしが試みた方法を

 

記録しておくことにした。

 

 

その1.とにかく、不安感、恐怖感を認める

 ➡一体、身体のどこのあたりにその不安感とか恐怖感とかを

感じているのか、そいつはどこにあるのか?

どれくらいの大きさ、硬さでカタチは?〇なのか球体なのか

色は?

 ➡「今、身体の○○のあたりに◆◆㎝くらいのテニスボール大(ゴルフボール大)くらいの不安感を感じているんだね。」と、徹底的に不安感と恐怖感を晒す。

晒して晒して、見てやる。(笑)

50回くらいつぶやく。

すると、テニスボールくらいだったものがゴルフボールくらいに、ゴルフボールくらいのものがパチンコ玉くらいになっていることに気がつくかも知れない。

➡球体、とか固い塊だったイメージが、いつしかぼんやりとガスのようになっていることもあるかもしれない。

 

明日へ続く(明日はその2 ありがとう1000回)

f:id:mEgao:20170608085237j:plain