自分の意思で生きろ!ワタシ

【腰痛からの教え】
〜自分の意思で動く(生きる)ということ〜
(前回の続き)

ヘルニアと診断を受け「右脚の痺れはなくならないかも知れない。症状が治まるのは3カ月が目安」とのことでしたが、『自分の気持ちを認め、ズレた思い込みに気づいた』途端に痛みが劇的に去った私。それは痛み始めて寝込んでから2週間後、トータル約1カ月間のことでした。

足に痺れが残るものの、あの痛みと苦しみが去ったという喜びの方が大きく、晴れやかな気持ちで動き始めた私。

年末の大掃除もガンガン張り切っていましたが…
それは重要な気づきを得るための第2章の始まりだったのです。

《無くなった身体症状を埋めるもの》
身体症状が無くなると、しばらくは『嬉しい』と浮かれていますが、実は身体にとっては身体症状が『無くなって』穴が空いた状態です。
空いた穴は埋めたくなります。

「何で埋めようか…。
あら…
特にアイディア無しなの?」
こういう会話が無意識のうちに繰り広げられます。
そうすると、どうなるか。

張り切って動いていた私は、段々と疲れてきました。そして、ヘルニアではない腰の痛み、いわゆる、馴染みの『腰痛』を再発しました。
その時、思わず「○○○○、腰が痛くなった」と心の中で呟いていました。

身体が元の状態に戻ろうとするのです。
消えた身体症状の代わりになるもの、馴染みの腰痛をぶり返して、です。
腰が痛いのは苦痛のはずですが、「馴染み」なので『あー、ちゃんと痛いわ〜』と安心する、という奇妙な現象を引き起こすのです。

《ねぇ、私、そのままでいるつもり?》
腰痛をぶり返した私は、また問いかけました。
何だろう?
今度は何に気づくきっかけなのだろう?

そしてふと、思いついたのは… 
「私は自分の本音に気づいた時、ヘルニアの痛みが消えた。けれども身体の使い方は、本音に気付いていない時のままだ。
自分の本当の意思でいなかった時、私は動くことに無頓着で、自分の『与えられた肉体の能力』に任せっきりだったのでは?」と。

昔から腹筋を鍛えるとか丹田に力を入れる、とか言われているのはどういうこと?
と、改めて考えてみました。

そして、今更ですが、
『腹(丹田)で歩く/立つ/動く』
『自分が、自分で、自分を生きる=動く(動かす)』
を意識してみました。

力を入れるのは腹だけ。
肩からは力を抜くイメージで動いてみました。

腹に力を入れて立ち上がると、腰の痛みが軽くなる、と実感。
では、腹を意識せず無頓着に立とうとするとどうか?→痛い❗️
ナルホド、じゃあ今日一日、動く時にはとにかくいちいち腹に力を入れてみるか。

結果どうなったかというと・・・

たった1日で、また元気になりました。
そして、どんなに腹(丹田)に力を入れても、腹筋は疲れないということがわかりました。
苦しい腹筋運動をしなくても、『自分(の意思)』で動くことを意識するだけで、無駄な力は抜け、姿勢は良くなり、気分が良くなることがわかりました。

これは、与えられた自分の肉体を大事に使うコツでもあるように思います。

自分の心と身体を操縦するのは自分。
各パーツにバラバラに動きを任せていると、無駄な力が入って、筋肉疲労を起こすんだなぁ、と思いました。
そして今、右脚に痺れは全くありません(^^)

#腰痛
#ヘルニア
#心と身体
#丹田 
************

ベスリクリニック 笑顔外来トレーナー
トランスフォーメショナルコーチ®️
黒澤美佳

 

f:id:mEgao:20180119175259p:plain