マルとわたし-1 ~植物を枯らす私とガジュマルの記録~

【三度目?くらいの懲りない挑戦 笑笑】


かつて、CA時代…
日々の暮らしにお花を〜〜と思い、
チューリップを植えたけど、

満開の時期にはフライトで不在。

帰宅したらチューリップは芯だけになっていた。

 

百合の球根を2つ植えたら、一つしか芽が出なくて、

どうしたんだろ?と、掘ってみたら、
一つは逆さまに植わってて、

根がわちゃわちゃ絡まっていた。

 

球根から育てるのはハードルが高かったのか?
と、思い、観葉植物にした。

 

ベンジャミン。。。

 

一冬越して…いや…葉っぱはどんどん落ちていき、

春になれば新芽が出るのかなぁ、

と、思っていたけど、そのままだった。

 

それならば、と、知人が
誰でも、置いておくだけで増え続ける
ポトスを分けてくれた。

 

しばらくは順調だったのだが…。
増え続けるのではなく
減り続けてしまい、
そして、居なくなってしまった。

 

そんな、私だけど‼️
今回、
性懲りも無く
ガジュマルの木を買った。

 

どうしてかというと

母のように生きたいなぁ、と思ったから。


私の母は、

曰く付きの地味なクンシランでさえ、
「捨てようと思っても健気に咲くから捨てられない」
と、何十年も植物を愛でる人で、

なんでもない日常から幸せを見つけて感じる名人だから。

私もまず、形から真似してみよっかなぁ、、、。
と、思った次第です。

 

今日は、夕方から激しい雷雨。

くしくも「ちびまる子ちゃん」のまるちゃんの生みの親

さくらももこさんの訃報が入った日。

 

どんな性質の持ち主なのやら・・・。

f:id:mEgao:20180828181351j:plain